Monthly Archives: 2月 2017

XJR1300 ビレットパーツ セラコート 施工

YAMAHA XJR1300 トップブリッヂ セラコート施工

当店では、ビレットパーツの塗装には、セラコートをお勧めしております。

パウダーコーティングは、セラコートに比べると膜厚が厚いので、ビレットパーツのエッジや削り出しの跡が、埋まってしまい、元々のシャープな印象が弱くなってしまいます。

 

セラコートであれば、シャープな印象はそのままで、施工することが可能です。パウダーコーティングの場合、組み付け時のクリアランスを考慮しマスキングを考える必要がありますが、セラコートの場合はほとんど気にせず施工することが出来ます。

 

Harley-Davidson ハーレーダビットソン XL883 フロントフォーク パウダーコーティング塗装

Harley-Davidson ハーレーダビットソン XL883 フロントフォーク パウダーコーティング ヘアライン クリアコーティングのご依頼。

フロントフォークは、飛び石等の影響で塗装が剥離し、国産車両でもアルミの腐食がどうしても進み、外観が悪くなってしまいます。

 

一旦クリアコーティングの塗装をすべて剥離し、腐食した部分を研磨し、ヘアラインを再生します。

 

出来るだけ純正に近いヘアラインを再現し、純正の塗装よりも。膜厚の厚いパウダーコーティングでクリアーを再施工致しました。

XJR1300 ゲイルスピードホイール パウダーコーティング施工

ゲイルスピードのホイール、パウダーコーティングのご依頼です。もともとパウダーコーティングが他店で施工されているのですが、仕上がりに納得がいかないということで当店に依頼を頂きました。

一度すべて塗装を剥離し、サンドブラストから施工しなおします。 当店お勧めのブラックで、レベリング(肌感)がよく光を当てても白ボケしにくいブラックを使用致しました。