数あるご依頼のなかで、多い部品の一つにスプリングがあります。バイクを構成する部品の中で最も動くパーツであり、走行中、常に伸縮を繰り返しています。塗装にとって過酷な状況であることが想像出来ます。

写真は、空き缶にパウダーコーテングを施工した後に潰したものです。鋭角に潰れた箇所は、ウレタン塗装であると剥がれてしまいますが、パウダーコーティングは剥がれずに密着した状態を保っています。

パウダーコーティングは、スプリングやフレームの様に動きがある部品に最適であります。

近年、従来ではなかったメタリック塗装やパール塗装もラインナップとしてそろい始めており、ウレタン塗装の様に様々なカラーバリエーションからの選択が可能となってきました。

今後、さらにパウダーコーティングは進化をしていくと考えております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です