長期保管で、腐食が進んだスポークホイールをリフレッシュします。

砂が固まったのか、黄色い粉がしみついています。

ブラストでクリーニングしていきます。

スポークも隅までクリーニングしていきます。

半艶の黒でパウダーコーティング。スポークは調整後塗装します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です