ハーレーダビットソン- Harley-Davidson フォークカバー パウダーコーティングクリア(粉体塗装)

こちらのフォークカバーはスチール製でメッキ等の表面処理が施されておらず、塗装を前提とした商品のようです。このまま使用するとすぐに錆びが発生します。

今回のご依頼は現状の質感を維持したまま錆びを防ぐことは出来ないかというご依頼でした。

あまり広くは周知されていませんが、パウダーコーティング塗料(粉体塗料)にもクリアーが存在しています。他のカラーのパウダーコーティング同様、優れた密着力・防錆力を備えています。

金属の質感をそのままというわけではないですが、素材の腐食を防ぎ出来る限り素材の質感を再現したいという場合におすすめです。

フォークカバー パウダーコーテイング クリア 

こちらはハーレーのフォークカバーですが、素材は鉄で表面がヘアラインの様に研磨されています。このまま使用すると鉄なのですぐに錆が発生してしまいますので、本来は塗装して使用する製品のようです。

今回は、オーナー様のご意向でこのままのヘアライン仕上げで使用したいということでパウダーコーティングクリアで施工依頼を頂きました。

あまり知られていないですが、パウダーコーティングにもクリア塗料が存在し、カラーのパウダーコーティング同様、耐久性、密着性、防錆性の優れた塗膜性能を備えております。

鉄の素材に限らず、アルミ等の非鉄素材へも優れた保護性能を発揮しますので、フロントフォークのアウターなどにもおすすめです。

素材の腐食を防止し美しい外観を長く維持出来ます。

パウダーコーティング フロントフォーク

 

かなり、腐食の激しい状態での入庫です。旧車のフロントフォークの場合このような状態のものは、珍しくありません。

ひどいものは表面が陥没し凸凹になってしまいます。

 

アルミ自体は化学的に見ると非常に活性な金属であり、腐食しやすい性質であるようです。アルミの表面には自然に、非常に緻密な構造をした保護力の強い酸化皮膜が形成され、腐食を防いでくれるのですが、飛び石等で皮膜が破壊されると、腐食が進行する場合があります。

サンドブラストで腐食が進み、もろくなった部分をできるだけ落とします。

この後、どうしてもアルミに巣穴があるので、専用のプライマーを施工します。

パウダーコーティング(粉体塗装)は、焼付け時の温度上昇の影響で、素材の巣穴にある空気が膨張し塗膜が膨れあがることがあり、概観を損ねてしまうことがあります。

専用のプライマーを使用することにより、発砲を防止すると共に、防錆力、密着性を向上を図ります。

今回は、全艶ブラックでの仕上げになりましたが、他に純正風のヘアラインをバフで再現し、クリアコーティングで仕上げる事も可能です。

http://awano-coating.com/harley-davidson-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%80%80xl883%E3%80%80%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC/