スポークホイール パウダーコーティング(粉体塗装)

スポークホイールへのパウダーコーティング(粉体塗装)も可能です。但し注意点として、そのまま塗装した場合スポークの調整が出来なくなってしまいます。スポークの調整を必要とする場合は分解した状態で、リム、スポーク、ハブを個別に塗装することで調整が可能となります。

HONDA NSR250 ホイール パウダーコーティング 半艶ブラック

HONDA NSR250のホイール再塗装のご依頼でした。 約30年も経つと塗装の劣化がかなり目立ってきます。

現状の塗装の上からパウダーコーティング(粉体塗装)が可能かという質問がよくあります。

回答は、不可です。理由は、もともと塗装されている塗装は常温乾燥のものが多く、パウダーコーティング(粉体塗装)の焼付け温度である200度に耐えられないからです。

一旦既存の塗装を全て剥がし下地から全て施工します。