倒立フォーク 鋳肌研磨 セラコート 施工 

恐らくドカティの車両に使用されている倒立フォークの部品です。鋳肌や製造時に出来た継ぎ目のようなラインを滑らかにした後にセラコートを施工したいというご依頼でした。

写真左側が研磨後の製品です。最初に番手の荒いもので鋳肌を平坦にし、番手の細かいもので表面をなめらかに仕上げていきます。

プラモデルなどのパーツでも製造時に出来たラインやバリを綺麗にすることがありますが、その感覚に似ているような感じがします。少し手をくわえる事により、パーツの美観性をよくすることが出来ます。

 

YAMAHA-SR400 フェンダー裏側防錆処理 パウダーコート(粉体塗装)

一見綺麗なメッキフェンダーですが、裏側は錆びが進行しており、錆びの進行を止めたいというご依頼でした。元々はフェンダー裏側にもメッキが施工されていますが、走行に伴う飛び石や砂、泥の衝突でメッキが磨耗しサビの進行が始まります。

サンドブラストにて出来るだけ現状のサビを取り除いた後にメッキ部をマスキングの上パウダーコートを施工します。分厚く密着力のあるパウダーコートは飛び石や砂、泥による磨耗を防止しフェンダーを防錆します。

 

Kawasaki-Z900RS-純正マフラー-セラコート/パウダーコーティング施工

Kwasaki Z900RS の純正マフラーはステンレスで作製されており、エンジン排気の熱がかかることにより茶色っぽく変色してきます。スチールのメッキとはまた違う変化で味があります。

今回、施工のご依頼を頂いたオーナー様は、純正マフラーのサウンドを気に入っておられるのですが、社外マフラーに変更せずにオリジナリティを出したいということでした。

オーナー様の要望で、エキパイ部分はセラコート(耐熱塗装)、サイレンサー部分とヒートガードはパウダーコーティング(粉体塗装)で塗装しました。

サイレンサー、ヒートガードのパウダーコーティングはテクスチャーという表面にザラザラとした模様がでる種類の塗料を使用し、エキパイ部分とは同じ黒でも質感を変えコントラストの差をだします。

 

 

パウダーコーティング(粉体塗装)の耐熱温度は150度~180度程度とまでとなり、サイレンサーやヒートガードなどマフラー先端の部分であれば耐えられることが多いです。(車種、構造による)

マフラー塗装と共にタンデムステップへの塗装もご依頼頂きました。こちらは塗装した後にギザギザの表面を削り出す加工を施しています。