スプリング パウダーコーティング(粉体塗装)

数あるご依頼のなかで、多い部品の一つにスプリングがあります。バイクを構成する部品の中で最も動くパーツであり、走行中、常に伸縮を繰り返しています。塗装にとって過酷な状況であることが想像出来ます。

写真は、空き缶にパウダーコーテングを施工した後に潰したものです。鋭角に潰れた箇所は、ウレタン塗装であると剥がれてしまいますが、パウダーコーティングは剥がれずに密着した状態を保っています。

パウダーコーティングは、スプリングやフレームの様に動きがある部品に最適であります。

近年、従来ではなかったメタリック塗装やパール塗装もラインナップとしてそろい始めており、ウレタン塗装の様に様々なカラーバリエーションからの選択が可能となってきました。

今後、さらにパウダーコーティングは進化をしていくと考えております。

 

ブレーキ・クラッチレバー パウダーコーティング

ブレーキレバーは、国産車両の場合、ほとんどの車両がアルミそのままの仕上げの物が多いです。 コンパウンドで磨けばよく光りますが、すぐに表面に酸化皮膜が出来白っぽくなってしまいます。

まめに磨くのが面倒な方は、パウダーコーティングで自分好みに塗装する事も良いでしょう。

 

レバーへの、パウダーコーティングはバイクパーツの中でも手軽に行えるパーツの一つです。

滑り止めの効果を狙って、リンクルやテクスチャーのように模様が出るタイプのパウダーコーティングもオススメです。写真のカラーはマッドブラックです。

Cerakote セラコート マフラー施工 ロゴ入れ

愛知県のお客様からのご依頼です。

・YAMAHA XSR900  SP忠男 POWER BOX FULL

ステンレスのマフラーは、錆びにくく表面処理がなくても、綺麗な状態が維持しやすい事が特徴ですが、独特の焼け色が付いてしまい、茶色っぽく変色してきます。

焼け色を取るには、専用のコンパウンドで磨くと取ることができますが、走行する事によって、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

 

セラコート施工とサイレンサーにロゴを入れて欲しいとのご依頼でした。

セラコートは最大で約1200度耐熱のグレーシャシリーズを始め、他塗料メーカーでは不可能であったカラーでの高耐熱を実現したCシリーズをラインナップしています。(耐熱温度はカラーによる)

これまで耐熱温度の関係で不可であった、高温部へのロゴ入れが可能になりました。

 

お客様のご注文のロゴデータをPCに取り込み、細部の修正を行った後、マスキング用のカッティングシートを作成。

高い耐熱温度により、ロゴを長期間維持します。