Monthly Archives: 2月 2017

ホンダ CB750K ホイール パウダーコーティング

CB750Kのホイールパウダーコーティング。 最近のスポーツバイクのレーシーなホイールもカッコいいですが、こういう旧車のキャストも渋くてカッコいいですね。

基本的には、パウダーコーティングはウレタン塗装のように複雑なマスキングや塗りわけは出来ませんが、ホイール形状の角を利用したマスキングは可能です。

カワサキ KAWASAKI ZX-14R ホイール パウダーコーティング

写真 2017-02-06 14 44 19

KAWASAKI ZX-14R ホイールパウダーコーィング 施工

パウダーコーティングの施工は旧車バイクの塗装再生に、利用が最も多いと感じますが、最近は現行スポーツバイクのホイール塗装でのドレスアップもかなり増えてきています。

4輪に比べるとバイクは、ホイールのバリエーションが少なく、ゲイルスピードなどのホイールは大変高価であることにより、手が出にくいのが現状です。

パウダーコーティングでホイールを塗装することで、ホイールの形状はそのままですが、大きく印象を変えることができ、自分にしかないオリジナルのカスタムが安価で実現できます。

 

写真 2017-02-08 15 41 59

今回の施工では、ブラックから、レッドへの大幅なカラーの変更です。車両の印象はかなり変わったと思われます。取り付けた写真をぜひ見てみたいものです。

 

写真 2017-02-06 14 45 55

写真 2017-02-08 15 39 47

当社は、基本的に、ディスクプレートなどの当たり面は、ブラストは当てません。非常に精度の求められる部分であると考えて

おりますので、お客様からの指示がない限りは、純正そのままを残します。

当然ブラスト時と塗装時と、二度マスキング工程があるわけですが、一切手を抜かないように心がけております。

写真 2017-02-08 16 36 10 (1)

 

写真 2017-02-08 16 32 47

YAMAHA SR400 パウダーコーティング リム

写真 2016-12-10 14 54 30

YAMAHA SR400 のリム パウダーコーティング(紛体塗装) 純正のもともとのアルマイトが腐食しています。表面の保護の観点からすると、アルマイトやメッキよりも、塗装のほうが優れていると感じます。

しかしながら、アルマイトの質感は、他では表現出来ません。パウダーコーティングでも、スパークロームというカラーでメッキ調の塗装もあるのですが、やはり塗装感は隠し切れません。

パウダーコーティングは表面の質感をリンクル、テクスチャー、等選ぶことが出来るので、自分好みにバイクの部品を仕上げることが出来ます。また、セラコートも独特の質感をもっており、部品の印象を大きく変えることが出来ます。

パウダーコーティング、セラコート共に部品保護において素晴らしい性能を発揮します。部品に応じて適材適所で使い分けることをお勧めいたします。

どこに何が適しているのか等、気軽にお問い合わせください。

写真 2016-12-12 13 32 35

艶ありブラック。数あるメーカーの中でももっとも平坦性、艶のあるブラックをAWANOでは採用しております。

写真 2016-12-12 13 30 24写真 2016-12-12 13 30 33