KSR80レストア記、第3段。前回は、サンドブラスト処理を行いないました。今回は、防錆力、密着性を向上させるためにプライマーを施工した後にパウダーコーティングしていきます。

プライマーの写真がなくてごめんなさい。

上の写真は、静電気の力で塗料(粉)を付着させた状態です。 ここから、約200度の釜に入れ焼き付けします。

当然、樹脂は耐えられない状態なので、すべての部品を外した状態にしておきます。

 

焼き付け完了です。 焼き付けすることにより、粉が溶け結合します。

パウダーコーティング(粉体塗装)は1回の塗装で40~150ミクロンの塗膜をつくることができます。これは溶剤塗装のおよそ4~5倍の厚みです。

それに加えて塗膜自体の強度もあるので、キズに対しては非常に強い塗装といえます。さらに耐熱性、耐油性にも優れております。

今回は、艶消しのブラックメタリックのカラーをチョイスしました。 純正でありそうなカラーで個人的にはかなりお気に入りです。

フレームは新車の様になりました。

次回は、ホイールをパウダーコーテング(粉体塗装)施工致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です