写真 2016-10-17 20 43 41写真 2016-10-17 20 43 13

アルミの削りだし部品のように、エッジがある物をパウダーコーティングにて施工してしまうと、塗膜の厚さで、エッジがぼってりしてしまったり、削りだしの切削後が消えてしまいます。

そのような場合、膜厚の薄いセラコートの施工をお勧めしております。セラコートなら削りだしのシャープな印象をそのまま残す事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です