スズキ ハスラー クランクケースカバー バフ サイザル仕上げ

クランクケースカバーの再生のご依頼です。

純正のクランクケースのバフ仕上げは、ロボットによる自動化が近年進むなかでも、人の手により一つ一つバフ職人によって丁寧に仕上げられています。形状による力加減やバフの当て方は仕上がった製品はロボットには真似出来ないものであり、仕上がった製品は一つ一つ違い味のある物であります。

バフ仕上げの表面保護として、クリアー塗装が施されていますが、経年劣化によりクリア層が剥がれてアルミ素地が露出すると腐食はどんどん進行していきます。

かなり腐食が進行した状態でも、新品の様に再生させることが可能です。今回の施工は、純正に近くするため鏡面までは進めずあえてバフ目が残るように施工しています。しっとりとした質感は純正仕上げそのものです。仕上げにウレタンクリアーを施工しアルミ素地を腐食から保護します。

立ちこけ等でガリ傷があっても多少であれば研磨により分からなくすることが可能です。

 

ホンダ グロム オイルクーラー セラコート施工

グロム用のオイルクーラーへのセラコート施工です。

オイルクーラーやラジエターへの塗装のお問い合わせをよく頂きます。近年のバイクは、コストダウンの関係か無塗装の物も見かけます。

社外品のオイルクーラーは写真の様にレッドやブルーのアルマイトが施工されておりカスタム感が出て良いですが、最近はブラックなど暗い色で施工して欲しいという要望が増えてきました。

オイルクーラーへの塗装には、膜厚の薄いセラコートやガンコートをお勧めしております。パウダーコーティングでも塗装出来ない事はないですが、冷却目的のパーツであるオイルクーラーやラジエターには、厚い膜厚は性能を落とす原因になります。

セラコート、ガンコートは放熱性をもった専用の塗料も存在します。レース等の過酷な状況で効果を発揮出来るかもしれません。

下地処理として、サンドブラストを施工します。 オイルラインへのメディアの進入、フィンの変形などがないように細心の注意を払います。

今回は、メッシュのオイルホースにもセラコートを施工しました。メッシュ部分にも難なく密着しており、ホースを可動させても剥がれることはありませんでした。

SR400 ハブ パウダーコーティング メッキ調塗装

数あるパウダーコーティング(粉体塗料)の種類で、少し珍しい物をご紹介致します。

こちらは、SR400ハブです。一見ポリッシュ仕上げの様に見えますが、実はパウダーコーティング(粉体塗装)なんです。

一見しただけでは塗装とは分からないくらい輝いています。

気になる耐久性に関してですが、残念ながら、あくまで塗装なので、表面をコンパウンド等で磨くと輝きが失われ、ねずみ色になってしまいます。

表面を保護する目的でクリアコートを施工すると、防ぐことが出来ます。

素材は鉄、アルミ、ステンレス問わず施工出来ますので、カスタムの幅が広がります。