スポークホイールへのパウダーコーティング(粉体塗装)も可能です。但し注意点として、そのまま塗装した場合スポークの調整が出来なくなってしまいます。スポークの調整を必要とする場合は分解した状態で、リム、スポーク、ハブを個別に塗装することで調整が可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です