マスターシリンダーの塗装はダイヤフラムの劣化によりブレーキフルードが漏れ出し、剝離されてしまっている物が多く見受けられます。セラコートは耐溶剤性に非常に優れており、ブレーキフルードは勿論、塗装を剥がすための剝離剤にもある程度耐性があり、ブレーキマスターの塗装には適しています。

ブレーキマスターのオーバーホール時には、セラコートでの再塗装も一緒にいかがでしょうか?

YAMAHAのロゴ部分は表面が腐食しておりましたので、研磨後マスキングして施工しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です