メッキの上から塗装されているようで、所々塗装がはがれてしまっています。メッキの上からの塗装の場合、そのまま下地処理を行わず塗装するとツルツルの表面のせいで簡単に剥がれてしまいます。 メッキを剥がしてからの塗装が理想ですが、コストが高くついてしまい現実的ではありません。

通常メッキの上から塗装する場合、サンドブラストにて表面を荒らす(ブラストではメッキは剥がせない)ことにより下地を作ります。そのことによりなにも処理しないのと比べ、格段に塗膜の密着力を向上させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です