Kawasakiロゴの凹んだ部分をブラックにしたいというご依頼でした。このように細かいマスキングが必要な場合は、パウダーコーティングよりもセラコートが向いています。パウダーコーティングは塗膜が厚い分マスキングを剥がすことが非常に困難であり剥がした面がギザギザになりやすく、細かいマスキングが必要なものは不向きです。

 

今回は、装着する車両に合わせるためポリッシュはなしでのご依頼でしたが、ポリッシュ仕上げでの施工も可能です。

鋳物の質感を残したまま塗装することが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です