恐らくドカティの車両に使用されている倒立フォークの部品です。鋳肌や製造時に出来た継ぎ目のようなラインを滑らかにした後にセラコートを施工したいというご依頼でした。

写真左側が研磨後の製品です。最初に番手の荒いもので鋳肌を平坦にし、番手の細かいもので表面をなめらかに仕上げていきます。

プラモデルなどのパーツでも製造時に出来たラインやバリを綺麗にすることがありますが、その感覚に似ているような感じがします。少し手をくわえる事により、パーツの美観性をよくすることが出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です