こちらは、ステンレス製の綺麗な造りの製品でした。鉄製の場合、メッキや塗装で表面処理されていても、転倒等で傷が」付いた場合鉄が露出し何らかの処理を行わない限り錆が進行します。

本来の目的を考えた場合、ステンレスという錆び難い素材の選択は、このパーツの本来の目的に適した素材であると思いました。

今回は、艶消しのブラックのパウダーコートを施工させて頂きました。無垢でのステンレスの輝きも良いですが、フレームの色に近い色に塗装しさりげなく目立たないようにするのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です