サイドスタントは、出す際に靴と摩擦する為、塗装が磨耗し素材が露出しててしまうことが多く錆が発生しやすいパーツです。サイドスタンドを構成するパーツにスプリングがありますが、こちらもサイドスタンド同様錆びているものが多く塗装のご依頼が多いパーツの一つです。

このようなスプリングの場合、このまま塗装してしまうと接着している間に塗料が入り込まないため、塗装前に引き伸ばした状態で固定し、塗装することにより全域に塗料を密着させます。

粉体塗装は静電気の力を利用して塗料を付着させるため、通常のスプレーを用いた溶剤塗装に比べ裏側へも塗料が付着しますのでスプリングなどの複雑な形状の製品に適している言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です