スチール製のコアガードに錆びが多く発生してます。こちらはサンドブラストにてクリーニング後塗装します。 前回のブログでも記載させて頂きましたがラジエターは無塗装だと痛みが激しいので塗装をして保護をおすすめ致します。

今回のラジエターは塗装されている物でしたが、剥がれが生じており腐食が進行しておりました。

飛び石等で曲がってしまったコアを一つ一つ修正していきます。とても細かく骨の折れる作業ですが、出来る限り修正します。コアの曲がり、潰れは空気の流れを悪くし冷却性能を低下させる原因の一つになります。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です