セラコートの種類には

表面高度を重視した Hシリーズ

耐熱温度を重視した Cシリーズ

大きく分けると2種類に分別されますがこの他に特殊な機能を備えたセラコートが存在します。そのひとつが今回KWASAKI KX250のラジエターに施工の依頼を頂きました

放熱性重視したアークティック・ブラックです。通常のセラコートに比べ熱放射率を高め効率よく放熱することを目的に開発されました。レース等の過酷な環境下では効果を発揮するのではないでしょうか。

 

 

 

次の写真はYAMAHA MT-07のラジエターです。新車購入から5年程度の車両ですが、ラジエターは無塗装のため激しく腐食しており外観を損ねてしまっています。当然このまま放置すると液漏れ等のトラブルに発展することもあることでしょう。製品を保護するという観点からもセラコートの施工をおすすめ致します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です