ハンドル周りのスイッチボックス等の部品は、スイッチの操作のために手で触れることが多いため塗装の劣化のスピードの速い部品です。そのため年式の古いバイクのほとんどがダメージを受けています。

今回施工させて頂いたCBX400Fのチョークレバーの様に、部品に凹み文字がある場合、膜厚の厚いパウダーコート(粉体塗装)で施工すると文字のエッジが丸くなってしまう可能性が高いため、膜厚を薄く施工できるセラコート(焼付塗装)で施工します。

セラコートを焼付け後、スミ入れを行いますが、そのままの状態では塗料が密着しないので特殊な表面処理を施工します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です