錆びの発生が激しいものは特に念入りにブラスト工程を行います。錆びが残った状態で塗装した場合、塗料の密着が悪いことに加え、時間が経過するとその箇所から錆びが再発し塗装が剥がれてしまいます。

ブラストにて目視で確認できる錆びを除去しても、素材の奥深くに錆びが残っている可能性があります。当店では上塗りを行う前に、下塗りに専用の耐熱錆止めの塗装を施工し錆びの再発を防止ししております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です