金属メッシュパーツ パウダーコーティング(粉体塗装)

金属メッシュパーツへの塗装もパウダーコーティングの得意分野です。

パウダーコーティングは、粉末状の塗料を静電気の力で製品に密着させます。
スプレーガンによる溶剤塗装に比べ、塗料の回り込みがよく複雑な形状のものでも比較的塗り残しがなく塗装が可能です。

金属メッシュパーツを塗装でワンポイントでオリジナルのカラーにいかがですか?

ニッシン キャリパー セラコート(タングステン)

キャリパーへのセラコート施工。今回、ご依頼させて頂いたキャリパーは無塗装の製品でした。塗装することにより、表面を腐食を守ると共に高級感をだすことが出来ます。セラコートは対溶剤性が非常に高い塗料なのでブレーキフルードが付着してもすぐに剥がれることはありません。

 

塗装の厚みが薄いので鋳物の質感を損なわずに塗装できます。

スポークホイール パウダーコーティング(粉体塗装)

スポークホイールへのパウダーコーティング施工です。スポークホイールはスポークの張力を調整するためのニップルがあるため、本来はすべて分解した上で塗装することが望ましいですが、組み付けた状態で塗装することも可能です。但しニップルとスポークが塗料により固着するため調整不可になってしまいます。

溶剤塗装の場合、スポークホイールをムラ無く塗装することは複雑な形状があるゆえに非常に困難ですが、パウダーコーティングは静電気の力で塗料を密着させるためスポークの裏側にも塗料を付着させることが可能であり塗り残しやムラは溶剤塗装よりも発生しにくくなります。

また、走行中常にしなり続けているスポークにも優れた密着力を発揮するため、パウダーコーティングはスポークホイールに適した塗装方法であるといえます。

スポークやリムが錆びてしまった方はパウダーコーティングでの塗装でリフレッシュはいかがでしょうか。