ホンダ CB400FOUR エンジン ガンコート 施工

セラコートもガンコートももともとは軍用に開発された塗料で主に拳銃や機関銃に用いられています。その塗膜性能は非常にすぐれておりオートバイ部品への施工にも適しています。

セラコート同様、ガンコートも焼付け塗装であり、焼付けしないと塗膜が硬化しません。170度で1時間程度焼付けします。

セラコート及びガンコートの特徴として、耐溶剤性が非常に高いことが特徴です。

パウダーコーティングは剝離剤で剥がすことが可能ですが、セラコート・ガンコートは剝離剤で剥がすことが困難です。

 

フィン部分は塗装後、研磨にて面を出す加工をしております。

 

 

アンダーブラケット ガンコートGUN-KOTE (ブラッククローム)

ガンコートにてアンダーブラケットの施工でした。セラコートに劣らず耐溶剤及び表面硬度を備えたコーティング剤です。こちらの部品はもともと無塗装での製品ですがガンコートの施工により腐食から保護します。

セラコート同様、液体塗料であるガンコートは、パウダーコートに比べると精密なマスキングに向いており、膜厚も薄いので製品の本来の質感も表現でき、エンジン等のパーツにもおすすめです。およそ170度で焼付けを経て形成された皮膜は剝離剤にも耐えるほどの耐溶剤性を発揮します。セラコート、ガンコート共に、拳銃をコーティングするために開発されたコーティング剤です。

 

Kawasaki ゼファー1100 キャリパー ガンコート

Kawasaki ゼファー1100 キャリパー ガンコート

カワサキのゼファー400のキャリパーをガンコートしました。

Kawasaki ゼファー1100 キャリパー ガンコート

カラーはサテンブラックを選定。内側は純正キャリパーの場合塗装されていませんが、アルミの腐食防止のため内側も施工。

Kawasaki ゼファー1100 キャリパー ガンコート

セラコート同様、耐溶剤性に優れており、ブレーキフルードはもちろん、スケルトンなどの剥剤でも剥がす事ができません。

セラコート、ガンコート各々に長所、短所があるので、お気軽にお問い合わせください。

参考価格:¥ 4,000~