ドゥカティ モンスター マフラー セラコート

 

純正の塗装が色褪せしてしまったとのことでセラコートのご依頼でした。

エンジン付近はかなり変色がある状態でした。 純正の塗装でもエンジン付近の塗装は劣化してしまいます。こちらのマフラーはステンレスなので錆びの進行は見られませんでした。

一旦すべての塗装を剥がし一からセラコートを施工致します。

 

 

サレンサー根元部分もブラックで施工したいというご要望でした。全体的に引き締まった印象になりました。

 

パウダーコーティング(粉体塗装)とセラコートの質感

当店での塗装方法の選択肢として、・パウダーコーティング(粉体塗装)・セラコート(液体焼付)・ウレタン塗装 があります。

エンジンパーツや足回りパーツの場合、塗膜強度を求められるため、パウダーコーティング又はセラコートを選択する場合が多いです。

 

パウダーコーティングとセラコートの大きな違いは、塗装方法による膜厚の違いが最も質感の差となって現れます。

パウダーコーティングは、別名、粉体塗装といわれており、粉末状の塗料を使用し、専用の塗装ガンで塗料を帯電させ製品に密着させます。その後約200度の熱で硬化させ塗膜を形成します。一回の塗装で200ミクロン~300ミクロンの塗膜を施工することができます。

セラコートは、液体の塗料であり、一般的な溶剤タイプの塗料と同じく、スプレーガンで霧状に噴霧して施工します。膜厚は30ミクロン程度になります。

 

こちらは、パウダーコーティング施工した場合の質感です。 全体的に丸みを帯び、細かい凹凸は埋まってしまい、平坦な仕上がりです。

 

こちらは、セラコートで施工した場合の質感です。膜厚が薄いため、素地の鋳物の肌がほとんどそのまま再現出来ます。

 

塗装方法によりこれだけの差が発生しますので、目的や好みにより塗装方法を使い分けることによって、より理想に近い仕上がりにすることが出来ます。

 

 

 

CBR クランクケースカバー ガリ傷修正 セラコート Cerakote

転倒等によるクランクケースの傷の修正のご依頼です。転倒により高確率でガリ傷がついてしまうクランクケースカバーですが、軽微な物に関してはほとんど分からなくなる状態まで修正可能です。

削れ具合にもよりますが、上の写真程度であれば修復が可能です。

一旦全ての塗装を剥離しガリ傷を研摩により修正していきます。こちらのケースは比較的浅い傷なのできれいに修正出来ました。キズが深く内部まで到達、又は極端に薄くなっている場合は交換をおすすめ致します。

自然に見えるように形状を整えます。

今回は、セラコートでの仕上げのご注文です。元々の色になるだけ近づけます。(色調出来ない物もあります。)

エンジンオイルなどが付着しやすく、さらにエンジンの熱の影響を受けやすいクランクケースカバーの塗装には、耐久性の高い塗装方法の選択をおすすめします。

セラコートはガソリンやエンジンオイルなどの溶剤に強く、ウレタン塗装などに比べると圧倒的な性能を備えています。AWANOコーティングでは、部品に応じて適材適所の塗装方法を提案致します。気軽にご相談下さい。