BMW-R nineT アウターチューブ セラコート 施工

アルマイト加工されているアウターチューブのセラコート施工です。倒立フォークの場合、正立フォークと違い、組み付け時トップブリッチとアンダーブラケットでクランプされるため、膜厚のあるパウダーコーティング(粉体塗装)で塗装すると組み付け出来なく場合があります。

セラコートは塗装の厚みは30ミクロン程度なのでほぼ問題なく組み付け可能です。また、アウターチューブ表面にある切削跡も残りますのでシャープなイメージを維持できます。

 

YAMAHA-FJR1300 フロントフォークアウター セラコート(タングステン)

フロントフォークアウターをパウダーコーティング(粉体塗装)またはセラコート等の焼付け塗装を施工する場合、減衰力の調整ネジがあり、非分解ものは通常施工出来ません。パウダーコーティングは約200度、セラコートは約150度で焼付けします。調整ネジの内部にはOリング等の樹脂(ゴム)が使用されている場合が多く、そのまま焼付けしてしまうとオイル漏れや調整が出来なくなるなどの不具合が発生します。

今回施工したYAMAHA FJR1300のフォークアウターもアジャスターが用意に分解できない構造でしたがセラコートを施工してます。

実はセラコートは本来150度1時間の焼付けるところを、60度4時間で焼付けすることでも塗膜を硬化させることが可能です。パウダーコーティング(粉体塗装)の場合は必ず約200度で焼付けしないと塗膜が硬化しません。

よってセラコートは樹脂やゴムが装着されているにも施工が可能です。低温で焼付けした場合でも、表面硬度や耐溶剤性は衰えることなく性能を発揮します。

 

 

 

Kawasaki-Z900RS-純正マフラー-セラコート/パウダーコーティング施工

Kwasaki Z900RS の純正マフラーはステンレスで作製されており、エンジン排気の熱がかかることにより茶色っぽく変色してきます。スチールのメッキとはまた違う変化で味があります。

今回、施工のご依頼を頂いたオーナー様は、純正マフラーのサウンドを気に入っておられるのですが、社外マフラーに変更せずにオリジナリティを出したいということでした。

オーナー様の要望で、エキパイ部分はセラコート(耐熱塗装)、サイレンサー部分とヒートガードはパウダーコーティング(粉体塗装)で塗装しました。

サイレンサー、ヒートガードのパウダーコーティングはテクスチャーという表面にザラザラとした模様がでる種類の塗料を使用し、エキパイ部分とは同じ黒でも質感を変えコントラストの差をだします。

 

 

パウダーコーティング(粉体塗装)の耐熱温度は150度~180度程度とまでとなり、サイレンサーやヒートガードなどマフラー先端の部分であれば耐えられることが多いです。(車種、構造による)

マフラー塗装と共にタンデムステップへの塗装もご依頼頂きました。こちらは塗装した後にギザギザの表面を削り出す加工を施しています。