倒立フォーク 鋳肌研磨 セラコート 施工 

恐らくドカティの車両に使用されている倒立フォークの部品です。鋳肌や製造時に出来た継ぎ目のようなラインを滑らかにした後にセラコートを施工したいというご依頼でした。

写真左側が研磨後の製品です。最初に番手の荒いもので鋳肌を平坦にし、番手の細かいもので表面をなめらかに仕上げていきます。

プラモデルなどのパーツでも製造時に出来たラインやバリを綺麗にすることがありますが、その感覚に似ているような感じがします。少し手をくわえる事により、パーツの美観性をよくすることが出来ます。

 

BMW-R nineT アウターチューブ セラコート 施工

アルマイト加工されているアウターチューブのセラコート施工です。倒立フォークの場合、正立フォークと違い、組み付け時トップブリッチとアンダーブラケットでクランプされるため、膜厚のあるパウダーコーティング(粉体塗装)で塗装すると組み付け出来なく場合があります。

セラコートは塗装の厚みは30ミクロン程度なのでほぼ問題なく組み付け可能です。また、アウターチューブ表面にある切削跡も残りますのでシャープなイメージを維持できます。

 

YAMAHA-FJR1300 フロントフォークアウター セラコート(タングステン)

フロントフォークアウターをパウダーコーティング(粉体塗装)またはセラコート等の焼付け塗装を施工する場合、減衰力の調整ネジがあり、非分解ものは通常施工出来ません。パウダーコーティングは約200度、セラコートは約150度で焼付けします。調整ネジの内部にはOリング等の樹脂(ゴム)が使用されている場合が多く、そのまま焼付けしてしまうとオイル漏れや調整が出来なくなるなどの不具合が発生します。

今回施工したYAMAHA FJR1300のフォークアウターもアジャスターが用意に分解できない構造でしたがセラコートを施工してます。

実はセラコートは本来150度1時間の焼付けるところを、60度4時間で焼付けすることでも塗膜を硬化させることが可能です。パウダーコーティング(粉体塗装)の場合は必ず約200度で焼付けしないと塗膜が硬化しません。

よってセラコートは樹脂やゴムが装着されているにも施工が可能です。低温で焼付けした場合でも、表面硬度や耐溶剤性は衰えることなく性能を発揮します。