ZRX1200 DAEG ラジエター フィン修正 セラコート施工(焼付塗装)

ラウンドタイプのラジエターのセラコート施工依頼です。 洗車時に過って高圧洗浄を行ってしまい、多くのフィンが曲がってしまったとのことでフィンを修正します。

 

このような状態になると冷却性能も低下してしまいます。一旦、塗装を剥離後フィン一つ一つ専用のピンセットを使用し修正していきます。

数が多いので作業は非常に労力がかかります。

修正後、セラコートにてコーティングし完成です。セラコートは塗膜の厚みを薄く仕上げることができますのでラジエターのように冷却性能を重視したパーツへの施工には最適です。

また、冷却能力に特化し放熱効果を高める機能をもった種類のセラコートもありレース等の過酷な環境で活躍しています。

 

 

KAWASAKI KX250 ラジエター セラコート施工(耐熱塗装)

セラコートの種類には

表面高度を重視した Hシリーズ

耐熱温度を重視した Cシリーズ

大きく分けると2種類に分別されますがこの他に特殊な機能を備えたセラコートが存在します。そのひとつが今回KWASAKI KX250のラジエターに施工の依頼を頂きました

放熱性重視したアークティック・ブラックです。通常のセラコートに比べ熱放射率を高め効率よく放熱することを目的に開発されました。レース等の過酷な環境下では効果を発揮するのではないでしょうか。

 

 

 

次の写真はYAMAHA MT-07のラジエターです。新車購入から5年程度の車両ですが、ラジエターは無塗装のため激しく腐食しており外観を損ねてしまっています。当然このまま放置すると液漏れ等のトラブルに発展することもあることでしょう。製品を保護するという観点からもセラコートの施工をおすすめ致します。

 

 

 

 

ホンダ-NSR250R ラジエター セラコート施工(焼付塗装)

スチール製のコアガードに錆びが多く発生してます。こちらはサンドブラストにてクリーニング後塗装します。 前回のブログでも記載させて頂きましたがラジエターは無塗装だと痛みが激しいので塗装をして保護をおすすめ致します。

今回のラジエターは塗装されている物でしたが、剥がれが生じており腐食が進行しておりました。

飛び石等で曲がってしまったコアを一つ一つ修正していきます。とても細かく骨の折れる作業ですが、出来る限り修正します。コアの曲がり、潰れは空気の流れを悪くし冷却性能を低下させる原因の一つになります。