ビューエル マフラー セラコート(耐熱1200度) 施工

ビューエルのマフラーのセラコート耐熱塗装のご依頼でした。

オートバイに限らず、エンジンのエキゾーストパイプの鉄は熱により酸化を促進され、表面を酸素から守る物がないとすぐに錆びてしまいます。

表面を保護するコーティングとしては、耐熱性をもった塗装が一般的ですが、オートバイや自動車のマフラーは、車両の下側を通るレイアウトが多いため、車両が走行する際に路面からの飛び石や砂で表面のコーティングが磨耗し剥がれてしまいます。

特にオートバイのエンジンは、高回転型のエンジンが多くマフラーの温度は自動車に比べ高温になります。さらに外に露出しているので飛び石等の影響も受けやすいです。

コーティングが剥がれた箇所は、表面が露出し錆びが発生し始めます。

熱による塗装の劣化や、外部からの衝撃による塗装の磨耗は、走行している限り避けれないものであるので、マフラーを長く良いコンディションを保つためには、錆が進行する前に定期的に劣化した塗装を最施工することが望ましいと考えます。

最施工する際には、劣化した塗装と発生している錆びを錆びを除去し、新たに耐熱性のある塗装を施します。

AWANOコーティングでは、マフラーの耐熱塗料に、アメリカ製のセラコートという軍用塗料を使用しています。

国産の一般的な耐熱塗料は、耐熱温度 600度 ですが、セラコートの耐熱温度は 1200度と非常に高い耐熱性能を持っています。

廃盤になっている車種のマフラーは、大切に使用したいですね。

自動車のマフラーもセラコート施工させて頂いておりますので、滋賀県のAWANOコーティングお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーレーダビットソンHarley-Davidson Thrashin Supply Co マフラー セラコート耐熱塗装

 マフラーをブラックアウトするカスタムが最近流行りです。

今回はハーレーダビッドソン Harley-Davidson  Thrashin Supply Co(スラッシンサプライ)のマフラーセラコート(耐熱塗装)のご依頼です。

ステンレスマフラーは、錆びに強いのが特徴ですが、使用年月が経つと、酸化により茶色っぽく変色してきます。それはそれで味があって良いのですが、セラコートを施工するのもおすすめです。

綺麗な状態を維持することは、まめに磨く事が重要ですが結構労力が必要です。写真ではデイトナの焼け取りを使用しましたが、この状態にするまでに日が暮れてしましました。濃い色に酸化した箇所はかなり磨きこまないと、修復出来ないようです。

オートバイは自動車に比べると、小排気量、高出力、高回転エンジンです。そのためマフラーは、時に赤熱するほどの温度に達することがあります。

鉄は、およそ600度で赤熱します。国産塗料の耐熱塗料はほとんどが600度が限界です。それを超えると剥離してしまうことが多いです。

セラコートであれば、600度を遥かに超える約1200度に耐える事が出来るので、バイクのマフラーには最適な塗装、コーティングであります。

今回は、エンブレムを残したいとのオーナー様のご意向でしたので、エンブレム部分はマスキングし、ステンレスの質感を残しました。

Kawasaki KSR-Ⅱ KSR80 レストア⑥ トップブリッチ セラコート

トップブリッチは鋳造で制作されております。このアルミ鋳造という方法で制作された製品には、巣穴やピンホールと呼ばれている気泡が内部に存在しています。

この巣穴が、塗装には非常に影響があります。AWANOコーティングが得意とする焼き付け塗装は、150度~200度での焼き付け温度です。

鋳物の巣穴の中には空気が入っています。空気は温度が上昇することにより、膨張します(25度~200度の上昇で1.6倍程度)。

内部で密封されている箇所は大丈夫なのですが、表面に気泡の一部が露出している箇所は焼き付け時の加熱により空気が吹き出します。

塗装工程の後に焼き付け工程なので、塗膜の下から空気が押し上げて塗装表面が発泡してしまいます。特にパウダーコーティング(粉体塗装)の場合発泡が目立ちます。(プライマー処理でもすべては防げない)

AWANOコーティングでは、鋳物部品の場合、セラコートをお勧めしております。

大きな理由は2点あります。

1.粉体塗装に比べ発泡が少なく美観性に優れています。(液体であるセラコートは巣穴内部にもある程度、充填される。又は硬化温度が低いため巣穴に蓋をし密封するため)

2.粉体塗装は膜厚が厚い為、鋳肌が埋まってしまい、のっぺりとした質感になり、本来の質感が失われ安っぽく見える場合があります。セラコートは膜厚が薄いため、鋳肌を埋めずにその質感を表現することが可能です。

どのような部品にどのような表面処理が必要なのか、目的、用途に応じて使い分けることが重要だと思います。 特にオートバイや自動車の部品は、部位によって求められる性能が違ってくるので、その構造、特性を考え選定していく必要があると考えております。