YAMAHA-トリッカー ブレーキキャリパー パウダーコート施工(粉体塗装)

パウダーコート(粉体塗装)は、基本的には、塗料同士を混ぜ合わせて色調することは出来ません。よってカラーの選択はメーカーのライナップするカラーの中から選択することとなります。

国内の粉体塗料メーカーの標準カラーは色数が少なく、メタリックカラー等のラインナップは選択肢がほとんどなく、イメージするカラーが見つからないことがあります。

そのため、当店では特殊なカラーを塗装する場合アメリカのメーカーの粉体塗料を使用しています。アメリカでは自動車やバイクへのパウダーコートが日本よりも盛んに行われているため、メーカーのラインナップカラーは非常に多くなっています。ソリッドカラーはもちろん、メタリックやテクスチャー(模様が出るもの)も様々なバリエーションがあり、好みのカラーを見つけることができます。

 

LEXUS ‐ LC500 ブレーキキャリパー パウダーコート(粉体塗装)施工

レクサスLC500のブレーキキャリパーへのパウダーコート施工のご依頼でした。普段、バイクのキャリパーの塗装施工が多いので、車のキャリパーはとても大きく感じられます。

レッドのパウダーコートを塗装後、ウレタン塗装でロゴを塗装します。パウダーコートは膜厚が厚い為、ロゴ等の細かいマスキングには不向きです。