クランクケースカバー パウダーコーティング リンクルブラック(縮み塗装)

クランクケースカバーへのパウダーコーティング施工です。写真のようにエンジンオイルの点検窓があるものは取り外して施工します。

パウダーコーティング(粉体塗装)は約200度で焼付けします。ゴム等の樹脂は溶けてしまう可能性が高いためご依頼の際は取り外して頂くようお願い致します。

リンクル塗装(縮み塗装)は結晶塗装やちりめん塗装など色々な呼び名がついています。大きく分けると二種類あり、当店で施工している粉体塗料の物と、溶剤塗料の物があります。いずれも焼付け工程は必須になります。

塗装の強度面では、粉体塗料の方がありますが、溶剤塗料の場合は色調が可能なため好みの色を調合することが可能です。また溶剤塗料の方が模様が粗いという特徴があります。

 

 

CB1300 FOUR クランクケースカバー リンクル塗装

エンジンのクランクケースカバーと塗装のご依頼の際は、オイルの点検窓の取り外しをお願いします。ガラス本体は粉体塗装の焼付け温度に耐えられるのですが、その周りについでいるシール部分は焼付け温度に耐えられない可能性があります。過去に何度か挑戦し大丈夫ではありましたが実際の使用状況であるエンジンオイルの温度を遥かに超える温度での焼付けの為おすすめできません。

YAMAHA SR400 クランクケースカバー リンクル塗装

SR400のクランクケースカバーの塗装依頼でした。数ある依頼の中でもSR400のパーツは比較的多く感じます。年式も幅広く、またカスタマイズされる方が多いのではないでしょうか。

今回の製品は過去に塗装されていたもので、大分塗装が痛んでいました。

リンクル塗装(縮み塗装)での仕上げです。クランクケースはブーツ等が擦れ傷が目立ちやすいのでリンクル塗装のような模様の出る塗装はおすすめです。