Monthly Archives: 6月 2019

Dトラッカー リアショック スプリング パウダーコーティング

スプリングへのパウダーコーティングです。オフロードバイクのスプリングは比較的、取り外しが容易なことが多く、パウダーコーティング(粉体塗装)にて再塗装のご依頼が多い部品のひとつです。

ウレタン塗装などの溶剤塗装では、スプリングの裏側は塗装しにくく膜厚が薄くなりがちですが、パウダーコーティング(粉体塗装)の場合は、静電気の力で塗料を付着させるため、裏側までもしっかり回り込み塗装できます。またパウダーコーティングは柔軟性に優れた塗料なので激しく動くサスペンションの動きにも剥がれずに耐えることが出来、スプリングには最適な塗料といえます。

サスペンションのオーバーホール時にはスプリングの再塗装も一緒にいかがですか?気軽にお問い合わせ下さい。

アンダーブラケット ガンコートGUN-KOTE (ブラッククローム)

ガンコートにてアンダーブラケットの施工でした。セラコートに劣らず耐溶剤及び表面硬度を備えたコーティング剤です。こちらの部品はもともと無塗装での製品ですがガンコートの施工により腐食から保護します。

セラコート同様、液体塗料であるガンコートは、パウダーコートに比べると精密なマスキングに向いており、膜厚も薄いので製品の本来の質感も表現でき、エンジン等のパーツにもおすすめです。およそ170度で焼付けを経て形成された皮膜は剝離剤にも耐えるほどの耐溶剤性を発揮します。セラコート、ガンコート共に、拳銃をコーティングするために開発されたコーティング剤です。