Monthly Archives: 8月 2019

ミラー セラコート施工

ミラーへのセラコート施工です。

本来、ガラスや樹脂部品を含む製品へのや焼き付け塗装は出来ません。

セラコートは塗膜硬化のために通常約150度で一時間焼き付ますが、60度四時間での焼き付けでの硬化も可能です。

よって60度に耐えられる素材であれば施工可能です。

BMW アルピナ C2 2.5 ヘッドカバー パウダーコーティング(粉体塗装)

こちらのヘッドカバーは自家塗装にされており、本来、無塗装のロゴとフィンの部分が塗り潰されている状態でした。オーナーの意向により純正に近い状態に再生します。

部分的に残っている純正塗装は、ザラザラとした質感が出る塗装なので、パウダーコーティングのテクスチャーとよばれる種類の塗料を使用します。

BMWのロゴ部のマスキングは非常に細かく神経をすり減らす作業でした。パウダーコーティング(粉体塗装)は約200度で焼付けしますので、マスキングテープは200度の熱に耐えられるものを使用します。

HONDA NSR250R(MC28) ホイール パウダーコーティング(粉体塗装)

プロアームを採用した最終型となるMC28型のホイールのパウダーコーティングご依頼でした。

カラーはマッドブラックでの施工です。通常、全艶消しのマットブラックは白っぽくなってしまい色褪せているような印象に見えてしまうので、当店では黒さを維持しつつ最大限に艶を抑えたカラーを選択しており、しっとりとした重厚感のあるブラックに仕上がります。