写真 2016-11-20 11 20 47 - コピー

YAMAHAのブレーキマスターのセラコート施工です。 どこのメーカーのブレーキマスタでも、10年以上の年数が経つと写真のようにどうしても、塗装が劣化してきます。

こちらはSRV250のブレーキマスターです。ブレーキタッチの不良から、オーバーホールと共に、塗装もリフレッシュするために、セラコート施工致しました。

 

写真 2016-11-30 14 12 44

セラコートは、元々、拳銃の表面をコーティングするために開発された塗料です。その性能は、すばらしい物であり、パウダーコーティング(紛体塗装)でも剥がしてしまう剥離剤に付け込んでも、ほとんど反応しないほどです。

 

写真 2016-11-30 14 13 13 - コピー

当然、塗装を犯すことで有名なブレーキフルードでは、ビクともしませんでした。

剥離する場合は物理的に研磨しないと剥離することができません。

 

 

 

 

 

 

 

バイクのブレーキマスターやキャリパーの塗装には、セレコートが最適です。セラコートは基本的にはつや消しカラーが多い(つやのある物もある)です。

今回のセラコート施工に使用したカラーはグラファイトブラックというカラーです。

写真 2017-01-31 15 40 14

完全に艶消しではなく、若干の艶があります。この怪しく光っている感じが拳銃のような、重量感があり個人的にもお気に入りです。

写真 2016-12-03 12 43 41写真 2016-12-03 12 44 03

キャリパーの塗装も劣化が激しかったので、セラコート施工しました。新品同様に復活致しました。

 

バイクのパウダーコーティング、セラコートは、滋賀のAWANOにお気軽にご相談下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です