Kawasaki-Z900RS-純正マフラー-セラコート/パウダーコーティング施工

Kwasaki Z900RS の純正マフラーはステンレスで作製されており、エンジン排気の熱がかかることにより茶色っぽく変色してきます。スチールのメッキとはまた違う変化で味があります。

今回、施工のご依頼を頂いたオーナー様は、純正マフラーのサウンドを気に入っておられるのですが、社外マフラーに変更せずにオリジナリティを出したいということでした。

オーナー様の要望で、エキパイ部分はセラコート(耐熱塗装)、サイレンサー部分とヒートガードはパウダーコーティング(粉体塗装)で塗装しました。

サイレンサー、ヒートガードのパウダーコーティングはテクスチャーという表面にザラザラとした模様がでる種類の塗料を使用し、エキパイ部分とは同じ黒でも質感を変えコントラストの差をだします。

 

 

パウダーコーティング(粉体塗装)の耐熱温度は150度~180度程度とまでとなり、サイレンサーやヒートガードなどマフラー先端の部分であれば耐えられることが多いです。(車種、構造による)

マフラー塗装と共にタンデムステップへの塗装もご依頼頂きました。こちらは塗装した後にギザギザの表面を削り出す加工を施しています。

 

 

Syms Racing GPインプレッサ マフラー セラコート(耐熱塗装)施工

スバル インプレッサ用のマフラーへのセラコートの施工です。ことらのマフラーはステンレスにて作成されています。セラコートはスチール、ステンレス、アルミ、チタンなど様々な材質に優れた密着力を発揮します。

メッキ施工されたパーツにもサンドブラストを施工することで密着可能です。

マフラー 凹み修正 セラコート(耐熱塗装)施工

以前にセラコート(耐熱塗装)をご依頼頂いたお客様から、マフラーのサイレンサーが凹んでしまったということで凹みの修正とセラコートと再施工のご依頼です。

サイレンサーはスチール製になりますが、鉄板に肉厚があるので引き出しによる修正は困難です。内側にはパンチングの筒状の部品が溶接されており裏側からの板金切開が必要なため断念しました。今回は耐熱性のあるパテにて修正致します。

セラコートをブラストで除去した後に、パテを盛り、研磨にて形状を整えてセラコートを再施工します。

ほぼ分からなくなるまで修正できました。