パウダーコート(粉体塗装) 「テクスチャー」と「リンクル」

パウダーコートの種類では模様が出るタイプのものがあります。主に「テクスチャー」と「リンクル」という種類を多く施工させ頂いています。

この2種類はよく似ているようで少し違います。

 

まず上の画像の製品が「テクスチャー」です。鋳肌のようにも見えますが、表面は細かい「凸凹模様」になっています。(クリックして拡大して頂くと分かりやすいと思います)

引き締まった印象の仕上がりが特徴的で様々なパーツとよくマッチします。

 

そしてこちらが「リンクル」別名縮み塗装です。表面はちりめんのような、「しわ模様」になっています。文字で表すと「~」がランダムにたくさんある感じで拡大すると少し気持ち悪いです…

「テクスチャー」と比べると荒々しい雰囲気が特徴的です、が個性が強いので施工するパーツを選ぶように感じます。部分的にアクセントをつけたい時などにおすすめです。

 

この「リンクル」「テクスチャー」はブラック以外のカラーのラインナップがありますので、お好みのカラーを選んで頂くことが出来ます。

このように模様がでるパウダーコートは他にもあるのでまた今度、ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

YAMAHA XJR1300 パウダーコーティング(粉体塗装)

写真 2016-12-21 13 51 16写真 2016-12-21 13 51 22

鳥取県からのお客様のご依頼で、YAMAHAのXJR1300のホイールパウダーコーティング(紛体塗装)の施工依頼です。

海から近い所に保管されていたようで、かなり腐食の激しい状態でした。

 

写真 2016-12-24 14 18 08写真 2016-12-24 14 19 18

写真 2016-12-24 14 18 14写真 2016-12-24 14 19 03

今回は、テクスチャーブラックといって、表面が少しザラザラとした質感の塗料を使い、マッドな感じに仕上がりました。BMWのGS等でも使われているタイプの質感です。

バイクのレストア、塗装には、パウダーコーティング(紛体塗装)は最適です。 気軽にAWANOにご相談下さい。

パウダーコーティング(粉体塗装) テクスチャー

少し前になりますが、リンクル(縮み塗装)の表面の拡大画像をアップしましたが、今回はテクスチャーの拡大画像です。

一見すると、ザラザラとした表面は、リンクル(縮み塗装)にもそっくりなのですが、拡大してみると一目瞭然ですね。

リンクル(縮み塗装)はこちら

テクスチャーはハーレーては、エンジンや、クランクケースに塗装されています。クランクケースカバーはリンクルよりの塗料です。異なる模様を使い分け、カッコいい仕上がりで、差をつけましょう。

パウダーコーティング(粉体塗装)にはまだ模様がでる種類があるので、また紹介させていきます。