スズキ ハスラー クランクケースカバー バフ サイザル仕上げ

クランクケースカバーの再生のご依頼です。

純正のクランクケースのバフ仕上げは、ロボットによる自動化が近年進むなかでも、人の手により一つ一つバフ職人によって丁寧に仕上げられています。形状による力加減やバフの当て方は仕上がった製品はロボットには真似出来ないものであり、仕上がった製品は一つ一つ違い味のある物であります。

バフ仕上げの表面保護として、クリアー塗装が施されていますが、経年劣化によりクリア層が剥がれてアルミ素地が露出すると腐食はどんどん進行していきます。

かなり腐食が進行した状態でも、新品の様に再生させることが可能です。今回の施工は、純正に近くするため鏡面までは進めずあえてバフ目が残るように施工しています。しっとりとした質感は純正仕上げそのものです。仕上げにウレタンクリアーを施工しアルミ素地を腐食から保護します。

立ちこけ等でガリ傷があっても多少であれば研磨により分からなくすることが可能です。

 

クランクケースカバーの再生 スズキ ハスラー

北海道からのご依頼でした。

数ある塗装施工店から遠方の当店を選んで頂いた事に感謝致します。

 

今回の依頼内容は、スズキのハスラーのエンジンクランクケースカバーの腐食が激しいので、再生したいというご相談でした。

表面の腐食により、光沢は失われてしまっております。

当時の表面処理がどうだったかは分かりませんが、クリア塗装も施工されていなかったようです。

油などの汚れを洗浄後、深く傷が入っている箇所は粗研摩にて修正していきます。

その後バフ機にて研摩していきますが今回は、あくまで純正のような仕上がりを目指しているので、鏡面までは磨き込みません。

クランクケースの鏡面加工は、カスタムにおいては、美観性の向上でかっこよく仕上がりますが、レストアにおいては、輝きすぎて不自然になります。

完璧な鏡面ではなく、純正の仕上げに近くなるようにあえてバフの目を残します。

仕上げに表面腐食防止のため、クリアコートを施工致します。

 

カワサキKawasaki W3 テールライトレンズ ポリッシング

カワサキKwasaki W3のテールランプです。表面に細かい傷が重なる事により光沢が薄れてきました。

太陽光や、強い光が当たると表面が白っぽく白濁してしまいます。塗装に比べても傷のつきやすいデリケートな部品です。

しかしながら70年代生産のバイクの部品とは思えないほどの状態の良さです。紫外線による赤色色素の脱色も少ないように思われます。

刻印された文字を薄くしないように慎重に研磨ペーパーで研磨後、ポリッシャーを用い研磨していきます。樹脂製品なので、摩擦によって温度を上げすぎないように細心の注意を払います。

ほぼ鏡面まで仕上げます。

劣化した、テールランプも、研磨とポリッシャーによる磨きでここまで、再生することが出来ます。