Cerakote セラコート マフラー施工 ロゴ入れ

愛知県のお客様からのご依頼です。

・YAMAHA XSR900  SP忠男 POWER BOX FULL

ステンレスのマフラーは、錆びにくく表面処理がなくても、綺麗な状態が維持しやすい事が特徴ですが、独特の焼け色が付いてしまい、茶色っぽく変色してきます。

焼け色を取るには、専用のコンパウンドで磨くと取ることができますが、走行する事によって、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

 

セラコート施工とサイレンサーにロゴを入れて欲しいとのご依頼でした。

セラコートは最大で約1200度耐熱のグレーシャシリーズを始め、他塗料メーカーでは不可能であったカラーでの高耐熱を実現したCシリーズをラインナップしています。(耐熱温度はカラーによる)

これまで耐熱温度の関係で不可であった、高温部へのロゴ入れが可能になりました。

 

お客様のご注文のロゴデータをPCに取り込み、細部の修正を行った後、マスキング用のカッティングシートを作成。

高い耐熱温度により、ロゴを長期間維持します。

パウダーコーティング ホンダ HONDAモンキー フレーム (粉体塗装)

問い合わせで良く質問して頂く事なのですが、メッキの上からパウダーコーティングは可能かという事ですが、結論からいうと可能です。

ただし、メッキ自体に剥離がない事が前提です。メッキに剥離があるとパウダーコーティングを施工しても、下地のメッキごと剥がれてきてしまいます。

メッキはサンドブラストでは剥離することが出来ません。

このぐらいの錆びであればさほど問題がないですが、サンドブラストを施工中にどんどん剥がれてくるようなメッキの場合、施工後に塗膜が剥がれてしまう可能性が非常に高くなります。

特にアルミの部品にメッキを施してある製品は気を付ける必要があります。

メッキ部品は剥がさないように最新の注意を払いながら、ブラストします。

ハーレーダビットソンHarley-Davidson Thrashin Supply Co マフラー セラコート耐熱塗装

 マフラーをブラックアウトするカスタムが最近流行りです。

今回はハーレーダビッドソン Harley-Davidson  Thrashin Supply Co(スラッシンサプライ)のマフラーセラコート(耐熱塗装)のご依頼です。

ステンレスマフラーは、錆びに強いのが特徴ですが、使用年月が経つと、酸化により茶色っぽく変色してきます。それはそれで味があって良いのですが、セラコートを施工するのもおすすめです。

綺麗な状態を維持することは、まめに磨く事が重要ですが結構労力が必要です。写真ではデイトナの焼け取りを使用しましたが、この状態にするまでに日が暮れてしましました。濃い色に酸化した箇所はかなり磨きこまないと、修復出来ないようです。

オートバイは自動車に比べると、小排気量、高出力、高回転エンジンです。そのためマフラーは、時に赤熱するほどの温度に達することがあります。

鉄は、およそ600度で赤熱します。国産塗料の耐熱塗料はほとんどが600度が限界です。それを超えると剥離してしまうことが多いです。

セラコートであれば、600度を遥かに超える約1200度に耐える事が出来るので、バイクのマフラーには最適な塗装、コーティングであります。

今回は、エンブレムを残したいとのオーナー様のご意向でしたので、エンブレム部分はマスキングし、ステンレスの質感を残しました。