AWANOコーティング

☎ 0740-20-7454

TEL:0740-20-7454

施工事例

カワサキ|KAWASAKI KZ650 ジェネレーターカバー すみ入れ セラコート施工(焼付塗装)

カワサキKZ650グロスブラックセラコートすみ入れクランクケースカバー

すみ入れとは、細部を強調するために凹凸部分に塗料を流し込む技法のことを指す。この技法により、ディテールが際立ち、よりリアルで立体的な見た目になる。

塗料の密着性を高めるために、すみ入れ部にはブラスト処理を施す。すみ入れ箇所以外はマスキングを行うが、ロゴ部などの繊細な作業は神経をすり減らす。さらに、ブラスト処理時にはマスキングが剥がれないようにエアー圧力や噴射距離を調整し、細心の注意を払う必要がある。この作業には熟練した技術が求められる。

特に細かいマスキングを施す場合、パウダーコート(粉体塗装)よりも溶剤塗装のセラコートが適している。セラコートは膜厚が薄く、マスキングを剥がした際の断面が美しく仕上がるからだ。

こうして細部までこだわり抜いたパーツで構成されたオートバイは、独特の芸術的なオーラをまとい、その存在感を強烈に主張する。




BEFORE - AFTER

関連事例

キーワード・カテゴリーから探す

施工方法から探す

施工パーツから探す

メーカー・車種から探す

カラーから探す